看護師転職支援サイトの種類



看護師が転職活動する際にぜひ役立てたいのが転職支援サイトと呼ばれるものです。 看護師の求人情報はハローワークなどでも取り扱っていますが、ハローワークに比べて非常に多くの求人情報を持っているのが看護師専門の転職支援サイトとなります。

ただ、一口に転職支援サイトといっても様々な種類があるので、どういったタイプを選ぶのかよく考えた上で決めるのがおすすめです。
保育園看護師の仕事内容は?

まず、スカウト式のスタイルを取っている転職支援サイトもあります。これは、サイトに登録している求職者に対し、求人施設がスカウトをするタイプのサービスです。つまり、求職者側は自分をしっかりアピールした後はどこかから声をかけてもらえるのを待つスタイルになります。

もちろんこちらのタイプでも自分を気に入ってくれた求人施設があったらすぐに就職が決まるというわけではありません。お互いに条件の交渉をしたり、面接は通常通り行われます。

次に、コーディネート式のスタイルを取っているサイトも多いです。こちらはサイトのコーディネーターの方が一人一人に合わせた求人を提供してくれるもので、自分1人では転職をする時間が取れないという方にも向いています。

コーディネーターの方は条件に合った仕事を探してくれるだけでなく、面接の日時調整や給料に関する交渉も行ってくれるのです。

それから、派遣型のスタイルを取っているところもあります。こちらは自分の働き方などをサイト側に伝え、それに合った仕事を紹介してもらうというものです。

派遣というスタイルで働くこともあり、仕事の時期や時間を比較的自由に調整できます。 一時的に派遣看護師を使っている企業もあるので、単発の仕事を探しているという方も派遣型スタイルの転職支援サイトを利用してみましょう。

最後に、直接応募するタイプの転職支援サイトもあります。 これはサイト側に求人広告がたくさん掲載されており、気になった情報に自分で直接申し込むものです。

いくつかのサイトに登録するのもおすすめなので、インターネットを上手に活用してたくさんの情報を集めましょう。

老人ホーム看護師の転職理由について

老人ホームでの仕事は非常に人気があります。ですが、残念ながらすべての人に合うというわけではなく、実際に老人ホームで働いたことがあるものの、すぐに転職してしまったという方も珍しくありません。

そこで、老人ホームから他の職場に転職する方はどういったことに問題を感じて転職することが多いのかについてご紹介しましょう。

特に多いと言われているのが他職種の方とのすれ違いやトラブルに関することです。 老人ホームでは看護師以外にも様々な専門スタッフが働いています。例えば、看護師や介護士、ケアマネジャーなどですね。

こういった方々とも協力して仕事をしていく形になるわけですが、中にはそれぞれの関係があまりよくない職場もあるのです。人間関係の問題は実際に働き出してみないとわからないことが多いのですが、転職支援サイトの中には人間関係に詳しい方もいるので、そういった方に相談をしてみると良いでしょう。

それから、老人ホームの業務として多い夜間のオンコールを負担に感じて転職する方もいます。老人ホームには医師が常駐していません。そのため、オンコールがあったら看護師がしっかり対応しなければならないのです。これに精神的な負担を感じ、老人ホームを離れる看護師もたくさんいます。

オンコールには手当がつきますが、それよりも精神的な苦痛が上回ってしまうと長続きさせることは難しくなってしまうでしょう。

老人ホームといえばおじいさん、おばあさんと楽しく話をしながらゆったりと仕事ができる職場を想像している方もいますよね。ですが、職場によって忙しさは全く違います。

老人ホームには老人ホームならではの忙しさや、病棟とは違った大変さがあるので、老人ホーム=仕事が楽と考えるのはやめた方が良いでしょう。中には非常に働きやすい職場もあるのですが、すべてがそうだと考えるのは危険です。

働きやすい職場探しをするためにも転職支援サイトの力を借りてできるだけ多くの求人情報を集めると良いでしょう。

採用されやすい看護師の特徴

看護師は転職率の高い仕事だと言われています。ですが、実際に転職活動をしたものの、なかなかうまくいかず悩んでしまう方もいるのです。そこで、どのような看護師が採用されやすいのかについてご紹介しましょう。

特に重宝されているのが現場経験のある看護師です。確かに若い看護師も体力の面から人気があるのですが、看護師として活躍してもらうためには様々な指導をしなければなりません。病院側からすれば働き始めてすぐに活躍してくれるようなベテランの看護師を求めているのです。 一般的には3年以上のキャリアがあれば問題ないでしょう。

ただ、同じく3年間を看護師として働いてきた方がいたとしても、それぞれ担当してきた仕事内容は違いますよね。職種が違えば毎日行う業務も違ってくるわけなので、同じような勤続年数の方がいればたくさんの仕事内容を経験してきた方のほうが有利になります。

新卒として働いていたものの転職を考えているという方もいますが、そういった方は転職支援サイトを活用して経験が豊富ではない人でも働ける好条件の職場を探しましょう。

また、ブランクに悩んでいる方を積極的に採用している職場もあります。ブランクが長いと看護師として復帰することに不安を感じてしまうかもしれませんが、セミナーや復職支援に力を入れている職場を探すと良いですね。

10年以上のキャリアがある方は主任候補として迎え入れてもらうことができるかもしれません。 それまで主任として働いたことがなかったとしても、リーダー的な存在として働いてきた経験があるのならばそういったポイントアピールしましょう。

一通り経験を積んできた看護師は様々な職場で即戦力として活躍できるため、転職活動がしやすくなります。現在は様々な職場で看護師不足の問題が騒がれていますが、経験豊富な看護師は特に求められているのです。

あまりにも頻繁に転職を繰り返してしまうと転職活動が不利になってしまうので、一つの職場に勤めたらできるだけ長く勤続するよう心がけましょう。

ページの先頭へ