看護師への転職と受験について

看護師への転職が現在人気を集めています。一昔前は高校を卒業して看護専門学校や看護大学へ進学する者が多かったですが、現在では社会人から看護師を目指す方や主婦からも希望者が沢山います。

また、看護師は景気に左右されず求人数も非常に多く、再就職も有利と言われる職業です。重労働で大変と言われる職業ですが、患者様へ奉仕するというやりがいのある職業とも言われます。一念発起して看護師への転職を目指してみるのも人生の選択の一つかもしれません。

もし看護師になりたいなら、まず指定の看護学校へ通わなければなりません。看護師は、正看護師と准看護師に大きく分けられます。正看護師になるには中卒の方の場合、准看護師学校(修業年数2年)で准看護師の資格を取得した後、看護専修学校(修業年数2年)で学びます。

または、高校の衛生看護科(修業年数3年)で准看護師免許取得後、専攻科で2年間学ぶといった方法があります。一貫制の看護学校に5年間通い取得するという方法もあります。ですから、准看護師は中卒でも指定の専門学校を卒業すれば、資格を取得する事ができるのです。

准看護師として病院、施設等で10年働いた後、通信教育で正看護師の免許を取得する事も可能です。中卒の方も諦めずにチャレンジすることが出来ます。

高卒の方の場合、看護専門学校(修業年数3年)か看護短期大学(修業年数3年)に通い、正看護師の免許をストレートで取得するといった方法があります。高卒の方は可能であれば正看護学校に通う方が看護師になる早道です。正看護学校の受験は高卒程度ですが現役の受験生も多く、転職を目指す社会人や主婦の方々には難関とも言われます。

しかし、社会人入試といって面接と小論文が主の試験もあります。この試験は現在希望者も多く倍率も高いと言われますが、頑張って受験してみるのも良いでしょう。また一般入試もありますので看護の予備校に通ったり、過去の問題集などで受験対策をしてみるのも良いでしょう。

また正看護学校の受験に失敗してしまった場合、前述のとおりまずは准看護師の学校に通い、その後正看護師を目指すという方法もあります。准看護師学校の受験は中卒程度と言われていますが、こちらも希望者が増えているようなので受験対策は必要です。学費に対する不安があるなら奨学金制度を利用して、働きながら学校に通うという選択肢もあります。  もし看護師になりたいと思ったなら、しっかりとした信念をもち、夢に向かって頑張って欲しいです。

ページの先頭へ