看護師のキャリアアップ

看護師のキャリアアップとして最もポピュラーなのが『認定看護師』への合格です。『認定看護師』とは、特定の分野(救急看護、透析看護など全21分野)に限定して高度な看護技術と知識を有し、それを看護の現場で実践する事のできる看護師の事を指します。

『認定看護師』の認定には、公益社団法人日本看護協会が実施している『認定看護師認定審査』に合格する必要があり、そこで行われる筆記試験に合格すれば認定証を得ることができます。

『認定看護師』に求められる役割は、看護者(個人、家族、グループなども含む)に対し、高度な看護技術を『実施』し、その看護をを通じて看護職に『指導』を行い、加えて『相談』を行い看護を改善していく事が求められます。

さらに、看護の現場で組織的に束ねる役割を担い、地域医療への貢献なども望まれているので、『認定看護師』は一種の看護指導者と言い換える事もできます。『認定看護師』の業務内容は、前述した3つの役割をベースとして通常業務を行う事に加えて、専任している部署を超えた業務を行う必要があります。

例えば、救急看護を専任している『認定看護師』ならば、救急患者の外傷への対応に加え、救急患者およびその家族の心的サポートを行うような状況判断を求められる事となります。

さらに、こういった業務に以外にも、院内外での看護分野に関するを活動を通し、看護全体をデザインする役割も担うので、チーム医療の形式で多方面での活動を行わなければなりません。こういった流れは、超高齢化社会の到来により医療のニーズが高まる事に伴って看護職の不足が予測されるので、質を落とさず効率的に医療サービスを提供する上では欠かせない事となります。

ですから、『認定看護師』は単に看護師のキャリアアップでけではなく、今後の医療を支えるためにはなくてはならない存在となるでしょう。『認定看護師』になって医療の未来を支える存在になってみてはいかかでしょうか。

ページの先頭へ