非常勤看護師とは

出産、子育てのために退職をしたママさん看護師が復職を考えたときに選択肢の一つとなるのが非常勤の看護師です。非常勤看護師とは、パートや派遣、契約社員として勤務をする看護師の事をいいます。

ママさんナースで一番多いのがパートでの勤務です。病院やクリニックでもパート看護師の求人は多くあります。パート看護師の平均時給は1,500円となっていて一般的なパートの時給と比べると高時給です。これは国家資格を持っている強みでもあります。

ただし、時給は施設の経営状況や地域差もありまた、正看護師と准看護師でも時給の差が出てくることもあるので求人を探すときはよく吟味して探してください。また、診療科によっても時給の差があるようです。比較的時給が高いと言われているのが美容外科や美容整形外科です。

続いて心療内科や精神科で高めの時給となっています。その他として企業内の医務室や病棟の夜勤専従があります。

パート看護師のデメリットとして挙げられるのが、勤務時間が短いので雑用を割り振られることが多くやりがいがないと感じる人が多いようです。逆にパートなのに時間内で終われないような責任ある業務を任されて困っているという話もあります。また、勤めてみたら募集の時の勤務条件と違っていたということもあるようです。

パートにはボーナスや昇給がないことが多いので、時給に見合わない業務を負担と感じるのかもしれません。扶養の範囲内で働くはずが、予定以上にシフトが入り扶養の範囲を超えてしまうというトラブルも起こっています

退職をしてからブランクがある人は今の医療についていけるかどうか不安になります。いきなり忙しい病院に常勤で勤務をするのではなく、まずはパートから働いて勘を取り戻していくのもいいのではないでしょうか。

常勤よりはお給料が減ってしまいますが、子育てとの両立を考えるのであれば、子供が小さいうちは短時間勤務にして大きくなって手が離れたら常勤の勤務にしていくのも家庭と仕事を両立させる方法です。

ページの先頭へ